Java applet AQUA CITY Example

水面の揺れなど、超特訓コーナーへ     トップページへ

(
Basic setup Advanced setup Special setup 1 Special setup 2 Extra setup )

Advanced setup

( AquaCity.class used )


水面の揺れ・波なみ(上記サンプル)で使用したイメージ画像

Step 0 nouvelle/370_0.jpg

サイズ 505 x 337
Click image for large one APPLET AQUA CITY に使用するオリジナル画像
Step 1 nouvelle/370_2.jpg

サイズ 505 x 77
Click image for large one 水面より上部を Jpeg 画像とした場合。画質の点で GIF より優位なため推奨
Step 2 nouvelle/370_3.jpg

サイズ 505 x 48
Click image for large one 他に纏まった揺らさない部分があると、品質重視のため、Jpeg 画像にして見るとよい。(但し、設定の工夫が必要)
Step 3 nouvelle/370_11.gif

サイズ 505 x 337
Click image for large one GIF 画像。透過部分が水面の揺れ
Step 4 nouvelle/370_1.jpg

サイズ 505 x 337
Click image for large one 背景として揺らす画像


AQUA CITY applet パラメタ例 ( 主に、変更部分 )
「ソースコードの複写・転記利用を推奨」

<APPLET CODE="AquaCity.class" WIDTH="505" HEIGHT="334">
<PARAM NAME="boxbgcolor" value="#000000">

<PARAM NAME="boxmessage" value=" ">
<PARAM NAME="centerimage" value="true">
<PARAM NAME="boxborder" value="false">

<PARAM NAME="copyright" value="www.javao.com">
<PARAM NAME="regcode" value="okohihs-ika-84919040">
<PARAM NAME="bgcolor" value="000000">
<PARAM NAME="sleeptime" value="100">

<PARAM NAME="background2" value="nouvelle/370_1.jpg">

<PARAM NAME="loadingstatus" value="yes">

<PARAM NAME="ReverseImage" value="3">
<PARAM NAME="ReverseLocation" value="0">
<PARAM NAME="ReverseType" value="1">
<PARAM NAME="ReverseLayer" value="1">
<PARAM NAME="ReverseRight" value="1">
<PARAM NAME="ReverseLeft" value="1">
<PARAM NAME="ReverseRange" value="7">

<PARAM NAME="imagenumber" value="4">
<PARAM NAME="images" value="

nouvelle/370_1.gif|*|,
nouvelle/370_2.jpg|*|,
nouvelle/370_3.jpg|0|132|0|0|505|0|0|0| | |0|0|999|*|,
|*|,

nouvelle/370_1.gif|*|,
nouvelle/370_2.jpg|*|,
nouvelle/370_3.jpg|0|132|0|0|505|0|0|0| | |0|0|999|*|,
|*|">


</APPLET>


パラメタ設定方法解説 ( 主に、変更部分 )

<APPLET CODE="AquaCity.class" WIDTH="505" HEIGHT="334">
Height size を調整して「揺れ・流れ」を決めます。

このケースの場合、他の安定している「流れ」値は、336

なお、画像サイズは、使用するHeightサイズ同等か、少し大である必要があります。

( Height size 参照先 )
<PARAM NAME="boxbgcolor" value="#000000">
黒 : #000000
白 : #ffffff など
JAVA 立ち上がり時の背景色を設定。色の番号は各種画像ソフトご参照。
<PARAM NAME="boxmessage" value=" ">
<PARAM NAME="centerimage" value="true">
<PARAM NAME="boxborder" value="false">
<PARAM NAME="copyright" value="www.javao.com">
<PARAM NAME="regcode" value="okohihs-ika-84919040">
<PARAM NAME="bgcolor" value="000000">
黒 : 000000
白 : ffffff
読み込み中の背景色を設定。色の番号は各種画像ソフトご参照。

なお、この箇所の設定では、
# は、不要です。
<PARAM NAME="sleeptime" value="100">
Height size で調整した揺れ・流れの強度を、更に補足的に調整することが出来ます。

( 80 〜 120 など)、推奨は 100
<PARAM NAME="background2" value="nouvelle/370_1.jpg">
揺れ画像を設定
<PARAM NAME="loadingstatus" value="yes">
<PARAM NAME="ReverseImage" value="3">
揺れ・流れ強度設定

 通常、 2, 3, 又は、4 を設定。

強度レベル:
 弱い 2 < 3 < 4 強い

なお、0 或いは、1で静止。
<PARAM NAME="ReverseLocation" value="0">
<PARAM NAME="ReverseType" value="1">
<PARAM NAME="ReverseLayer" value="1">
<PARAM NAME="ReverseRight" value="1">
補助的流れ強度設定。
設定時、1 〜 5 など、
特別な場合を除き、1 使用
<PARAM NAME="ReverseLeft" value="1">
<PARAM NAME="ReverseRange" value="7">
<PARAM NAME="imagenumber" value="4">
次項 images で指定(1対表示)する行数の 1/2 の値を設定
<PARAM NAME="images" value="

nouvelle/370_1.gif|*|,
nouvelle/370_2.jpg|*|,
nouvelle/370_3.jpg|0|132|0|0|505|0|0|0| | |0|0|999|*|,
|*|,

nouvelle/370_1.gif|*|,
nouvelle/370_2.jpg|*|,
nouvelle/370_3.jpg|0|132|0|0|505|0|0|0| | |0|0|999|*|,
|*|">

</APPLET>
次の何れかのイメージ定義が可能
image
(JAVA SUN ロゴ未表示)
images
rimage

各パラメタは、上下1対表示

各行の設定値解説は、末尾図解イメージご参照。


イメージ パラメタ (image, rimage, images)

xxx.gif 画像 (又は、xxx.jpg )|x初期位置 | y初期位置 | x移動速度 | y移動速度 | x反転位置 | y 反転位置 | マウス有効 x範囲 | マウス有効 y範囲 | URL Link先 | 表示文字 | 文字位置 x調整 | 文字位置 y調整 | x 位置停止 |*| ,




( パラメタ 参照先 )


サーバーへの格納方法






登録手続きは、こちら


   Copyright© 2011 Y.Ichisaka VirtualPHOTO javao.com All Right Reserved.